2005年01月30日

東京事変 ライブ 其の三

曲が終わり、ドラムの刃田綴色(ハタトシキ)トークがはじまる。
松山から広島への移動がスーパージェットという船だったそうで、
「スーパージェット(船)がめっちゃ速い!!」としきりに言っていたのが印象的だった。



次は、私の好きな『月に負け犬』。

(♪好きな人や物が多過ぎて…♪)

『現実に於て』『現実を嗤う』とアルバム『教育』の中の曲が続き、
曲名がわからないけど、英語の曲になる。

そして、亀田誠治(カメダセーヂ) のトーク。
広島では『ハウルの動く城』を鑑賞したらしい。
ここで、また酔心ネタが入る。
それから、亀田作の『スーパースター』『透明人間』を
林檎が熱唱。2曲ともいい曲だった。

次は英語の曲になり、
『駅前』や『サービス』の次は、『丸の内サディスティック』。
なつかしい曲だ。

間に英語の曲が入り、『御祭騒ぎ』。
ラストは、『群青日和』だった。


ちなみにアンコールは2曲歌ってくれた。
いずれも曲名がわからず。
アンコールでやっとピアノのH是都M(エイチゼットエム) の声を聞く。
彼は、ブックオフが大好きらしい。

最後に林檎のトークがちゃんと聞けた。
広島は大好きなので、必ずライブの開催地として外さないようにしているとの事。
うれしいお言葉だ。またいつか広島に来てほしい。
正直、ライブの日まで林檎以外のメンバーの事を知らなかったけど、
今回のライブで顔と名前が一致し、メンバー全員が大好きになった。
林檎ファンというより、東京事変のファンになれたような気がする。

今度は双眼鏡をちゃんと持っていかなきゃね。(終)

教育東京事変 椎名林檎遭難 群青日和 tokyo incidents vol.1 りんごのうた (CCCD) Electric Mole (初回生産限定版) by G-Tools





posted by rin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 東京事変ライブ

2005年01月26日

東京事変 ライブ 其の二


東京事変 ライブ 其の一の続き



ここで、林檎がモスグリーンのワンピースを脱ぎ、
明るいグリーンのワンピースになった。
左右デザインが違っていてこれもかわいい。
(脱ぎっぷりもかっこいい。)




曲は、『dynamaite』。この曲はライブの時まで知らなかった。
次は、『ここでキスして。
私が椎名林檎を好きになったきっかけの曲。
まさか東京事変のライブで聴けるなんて思わなかったので感激。

そして、『秘密』。
(林檎が曲の終わりに「今の曲ひみつです」と言ったのでわかったが、この曲も知らない曲。)

ここで晝海幹音(ひらまみきお)トークがはじまる。
(六弦 髪の毛の長い人)
ネタは広島では有名な酔心ネタだった。
(私は行ったことがないけど・・・)
それから晝海幹音と林檎のデュエットが2曲続く。


次にアルバム『教育』から『母国情緒』が終わり、
林檎はピアニカで演奏しながら、
♪ちょいとお待ちよ、車屋さん♪と歌いだす。
これって美空ひばりの曲?
アレンジされていて林檎らしい『車屋さん』だった。(続)



ここでキスして。
椎名林檎 北城“フィルター”浩志博士 西川“スウィッチ”進殿下 亀田“マン・シンタン”誠治師匠 矢代“ドローパー”恒彦課長補佐 河村“キリスト”智康係長東芝EMI 1999-01-20売り上げランキング 19,232Amazonで詳しく見る  by G-Tools
本能 歌舞伎町の女王 ギブス 罪と罰 幸福論
posted by rin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ

2005年01月21日

東京事変 ライブ 其の一

広島厚生年金会館にはチャリで行く予定でしたが、


あまりの寒さにタクシーで行く事に・・・。(800円なり)



入口のところで荷物検査をされる。

その時、双眼鏡を忘れた事に気づく。

ガーン、これじゃあ椎名林檎の顔が見れないじゃん。(T_T)




「今なら取りに帰れるよ」という夫に

「いいよ。肉眼でしっかり見るから」と私。

あぁ、でも椎名林檎の汗が見たかった。ヾ(-_-;) オイオイ...



席に座り、周りを見渡すと若い女の子の姿が多かった。

女性8割、男性2割といったところだろうか?

昨年の夏、ユーミンスペクタクル『シャングリラII』に行ったのだが、

その時はもう少し年齢層が高かったような気がする。

広島では東京事変というか

椎名林檎が女性に圧倒的に支持されているのがわかる。

全国的にもそうなのだろうか?



グッズのチラシを見ていると、

ピンクのTシャツがめっちゃほしい衝動に駆られたが、

グッズ売り場を見るとものすごい人だかりで買う気がうせてしまった。

でも、かわいかったなぁ・・・。(アンコールの時、林檎も着てたし♪)



午後7時過ぎに開演。1曲目は、『林檎の唄』。

幕が上がり林檎の姿を見た私は、一瞬涙が出そうになった。

ソロ時代はチケットが取れなくて、今回念願叶って

林檎に会えたのでとてもうれしかったのだ。

林檎は、頭に緑の飾り(トサカみたいなやつ)をつけて

モスグリーンのワンピースを着ていた。

右手には星型の赤いタンバリンを持ち、

とってもキュート。他のメンバーには悪いけど、

今は林檎しか目に入らない。



林檎の唄が終わった時、
林檎が「こんばんは」と言った。


林檎の第一声は、こんばんは。


淡々とクールに一言。

声がめっちゃかわいいんですけど。


会場からは、「りんご〜」という声に混じって

「師匠!」と言っている人もいた。

もう、私はメロメロで、

「今日から私も師匠と呼ばせてください」という

気持ちだった。



林檎トークがはじまるかと期待したが、

すぐに次の曲『入水願い』へ。
私の好きな曲だ。
今度は右手だけに緑の手袋をしていた。

続いて『遭難』。アルバム『教育』の曲が3曲続いた。(続)







教育東京事変 椎名林檎関連商品 遭難 群青日和 tokyo incidents vol.1 りんごのうた (CCCD) Electric Mole (初回生産限定版)by G-Tools


posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ

2005年01月20日

東京事変 live tour2005"dynamite!"







昨日、行ってきました。東京事変のライブ!!

もう私は、林檎に会えて感涙です。



広島でのライブの様子は、ちょっと長くなりそうなので、

明日以降書いていこうと思っています。

お楽しみに。
posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ

ライブメモ

昨日の東京事変のライブのメモの清書版(これでも?)の一部です。

今、ライブ中に書いた汚い字のメモを解読中。

ちなみに2は記入ミス。入力ではなく入水です。(汗)



posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ

2005年01月09日

東京事変コンサート(準備編)

昨年の12月30日にようやく

東京事変のアルバム『教育』を買い、

お正月からようやく聴きはじめました。

ちょっとのんびりし過ぎていました。(汗)

広島でのコンサートは今月19日。

コンサートはもうすぐです。



アルバムを聴いていて、群青日和遭難などお馴染みの曲は
しっくりくるのですが、
他の曲は最初はしっくりこなかった私。

こんなんじゃあコンサートを楽しめないと思って、

お正月は何度も聴きました。

何度も聴くうちにだんだん耳に馴染んできました。(ほっ。)

やっぱり林檎の声はいい!!
コンサートが楽しみです。




アルバムの中では、群青日和が一番好き。

入水願いや駅前も密かに気に入っています。



最近では、映画の余韻に浸って、
ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック


ばかり聴いていた私ですが、

しばらくは教育ばかり聴いていきたいな。歌詞を覚える勢いで。(笑)

いや、覚えます!!

posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ

2004年11月11日

マジですか〜!!

昨日(正確に言えば今日)、夫が帰ってきたのは、

夜中の1時すぎ!!めずらしく(?)先に寝ないで、

夫の帰りを待っていた私。

それから私が寝たのは2時前だったので、

今日は1日中、ものすごくつらかったです。(T_T)

今日は、よく勤務時間まで働いたと

自分で自分をほめてあげたい気分でした…。(笑)


夫が帰ってくるまでこれから仮眠でもしよう、

でもその前にサイトのチェックを…と夫のblogを見た私は、

飛び上がるくらいうれしくなりました〜☆




なっ、なんと、夫が申し込んだ、

東京事変のコンサートチケットが当選したのです。

(懸賞ではないので、お金がいるんですけどね…。)

来年、大好きな椎名林檎に会える!!

めっちゃ感激です(T_T)

昨日の夜更かしなんて、もう忘れちゃうくらいうれしい!!

NOV(夫のHN)ありがとう〜\(^▽^)/




それにしても、メールや電話ではなく、こうして夫のblog

私に報告するなんて、我が夫ながら粋なヤツだ。


posted by rin at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京事変ライブ