2006年07月06日

運命の人

昨日、たまたま日テレのザ!世界仰天ニュースを見た。

アメリカのお話だったかな?
12歳の時に転校してきた少女と恋に落ちた少年のお話です。
とてもかわいらしい初恋でしたが、
少女の家族が事件に巻き込まれることによって、
二人は離れ離れになってしまいます。
少女の家族は、事件に巻き込まれたことによって、
名前を変えて別の土地で生活していかなければならず、
少年に行き先や事情を言えないまま、少女は少年に別れを告げます。

でも、少年も少女もお互いを忘れることができず、大人になります。
少女は、誰ともつき合うことなく17年間が過ぎ、
少年は、17年間の間に一度結婚しますが、
少女のことを忘れられなかったのか離婚。

離れ離れになった二人でしたが、偶然が重なり、
17年ぶりに再会。そして、8カ月後に結婚しました。
メデタシ、メデタシ。

なんて素敵なお話なの〜

テレビを見ながら、まるで映画のようなお話に感動してしまいました。

運命の赤い糸ってあるんだなぁ・・・
なんて、感動していると、このお話には続きがあって、続きのVTRが流れました。
そのVTRを見てびっくり!!さすが仰天ニュース

運命の再会を果たした二人は、結婚したものの、3年後離婚したのです!!

そんな〜

何だかがっかりです。映画やドラマなら結婚してハッピーエンドだけど、
現実は、そういうわけにはいかないのね…。
でも、こっちの方が現実にあった話だけあってリアルですよね。

本人談によると、17年間の月日がお互いを美化してしまったようで、
そのギャップからお互いにずれが生じたみたい。
たしかに、17年間も会えないと、お互いがお互いの理想像を勝手に作っちゃいますよね。
しかも17年もなんて、すごくパーフェクトな理想像ができちゃいそうです。(苦笑)

この番組を見て思ったのは、結婚について。
結婚や結婚相手にあまり過大な期待を抱かないようにすることが、
結婚生活を成功させる秘訣かも…なんて思いました。
期待が大きければ大きいほど、
期待通りに行かなかった場合のショックは大きいですしね。

私の夫NOVは、その点をよくわかっているようで、
自分のこだわりの部分を除いては、かなり寛容なので助かります。
キッチンにこだわりがある人なので、キッチンが汚れてたらうるさいけど、
他はそんなにうるさく言われたことがありません。
私は、NOVに口うるさく言う時があるので、もうすこし寛容にならなければ…。


追伸

「育児メモの更新が止まってるね…」とNOVに指摘されてしまいました(^^;;
ちょっとサボっている間にかなりたまってしまいました…。
これからボチボチ更新していこうと思います。

posted by rin at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8935513

この記事へのトラックバック