2005年09月25日

妊娠7ヶ月になりました。

ずーっとこの日記も@妊娠生活の方も更新できないまま、

気がつけば9月も終わろうとしています。

超スローペースな毎日で、書きたい記事はどんどんたまっているのに、

追いついていないのが現状です。

でも、11月上旬から産休に突入するので、

その頃には記事が追いつく予定でいます。(たぶん)

なので、もう少しこのスローペースな更新に

おつき合いしていただけたらうれしいです。

ご迷惑をおかけしていますが、今度ともよろしくお願いします<(_ _)>



妊娠の事も戌の日で記事が止まっていますが、

既に9月中旬で妊娠7ヶ月目に突入しました。

よく言われるのは、

「お腹大きくなったねぇ〜」

「妊娠何ヶ月?」

「男の子?女の子?」



特に性別はいろんな人から聞かれます。

性別については、今月の検診で思い切って先生に聞いてみたけど、

超音波画像で赤ちゃんが足を閉じた状態だったので、

はっきりしたことはわからないとの事でした。

でも、「たぶん○○じゃあないかな〜」みたいなことは言われました。

それは私が想像していた性別とは違っていたけど、

実際はどうなんだろう?来月にはわかるかな?

また@妊娠生活

このことを含めていろいろ書いていこうと思っています。



性別については、妊娠する前からこだわりがあって、

「絶対○○がいい!!」と思っていたけど、

今はそんなのどっちでもいいじゃんって感じです。

とにかく無事に赤ちゃんが元気に生まれてきてくれたら、

私にとってこれほど幸せなことはありません。

妊婦生活もあと残り数ヶ月。

まだベビー用品は情報収集中で資料集めしかしていないけど、

あと数ヶ月、楽しみながら出産の準備を進めていけたらいいなぁ。






posted by rin at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活

2005年09月11日

映画『NANA』

最近観た映画でお気に入りは、先週の日曜日に観たNANA

矢沢あい原作の漫画『NANA』の実写版。
原作は読んだことはないけど、原作の評判はいいみたいだし、
小学生の頃、矢沢あいの漫画が大好きだったので楽しみにしていた。
公開2日目だったのですが、まず、人の多さにびっくり。
そしてみんな若い!!男女の割合としては少女漫画が原作なのか、
女の子の方が多かった。

中島美嘉と宮崎あおいが演じる2人のNANAの友情、恋愛、そして夢が
描かれているこの作品は、私の心をぎゅっとつかんだ。
特に中島美嘉演じるナナに感情移入した。
演技だったら奈々役の宮崎あおいの方が女優なのでうまいけど、
中島美嘉演じるナナはクールで口数が少ない分、彼女の気持ちを察しながら観たので、
ナナの気持ちがスクリーンからすごく伝わってきた。
特に蓮との各シーンがぐっとくる。
蓮が東京に行くシーンは観ていてつらく、せつない。
また、トラネスのライブで、蓮が最前列にいるナナに気づき、
2曲目の演奏を間違えてしまうシーンに共感。
蓮がまだナナのことを想っていることがそれだけで伝わってきた。

それからナナのライブシーンは迫力もあり、
カッコいい!!本当にライブ会場にいるような気分になる。
中島美嘉はスクリーンでは、中島美嘉ではなく大崎ナナになりきっていた。
またトラネスのボーカル、レイラのバラード(ENDLESS STORY)も心に響いた。
この映画では、2組のバンドのライブシーンが見物だ。

終わり方としては、「えっ、これで終わり」という感じで、
なぜここで切るのって思う終わり方だけど、
ここで含みを持たせることで、次に続く予感を感じた。
原作で言えば、5巻あたりまでを描いているといううわさなので、
またいつか映画の続編またはドラマで続きが観れるかもしれない。

映画館では、満席に近いにもかかわらず、
エンドロールが流れても席を立つ人はなかった。
映画を観た人達にとって、満足度が高い作品だったのではないかと思う。


NANA矢沢 あい (著) コミック


NANA(期間限定)

posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2005年09月07日

マンションの住人

台風一過、心配した台風14号でしたが、

停電や断水もなく、天気が回復するとともに

そわそわした気持ちも落ち着きました。

台風に振り回され、平穏な日々を取り戻した時、

この平穏な毎日に感謝したくなりますよね(^ー^)



話は変わりますが、今日うれしいことがありました。

私の住んでいるマンション(賃貸)では、

近所づきあいが全くと言っていいほどなく、

マンションの1階等で同じマンションの住人とすれ違っても

挨拶を交わす機会も少なく、

いざ挨拶をしようとしても向こうが逃げるように

去ってしまうことが多いです。



就職してから2回引越しをしたけど、

どこもそんな感じで住人同士の交流はほとんどなく、

どこへ行ってもよそよそしい雰囲気。

まぁ、私自身も住人同士の交流を求めていないというのも

あって、あまり気にもとめていないことなのですが、

少しさみしいなぁと思っていました。



今日も、夕方マンションの入口のところで若い女性と

バッタリ会いました。その女性は、オートロックを解除し、

私は、その時ポストの郵便物を確認。

お互い挨拶も交わさず、彼女は、マンションの中に入っていきました。

私は、ポストから郵便物を取ってから

彼女に遅れてマンションの中に入りました。



マンションの中に入るとすぐエレベーターがあります。

きっと先にさっきの女性が使っているだろうと思いながら

エレベーターに近づくと、何とエレベーターが開いている!!

彼女は、私のためにエレベーターの入口を開けて

待ってくれていたのです!!

私は、「すいません。ありがとうございます」と言って、

エレベーターの中に入りました。



彼女は気にしなくていいですよといった感じでにっこり。

私は彼女より下の階だったので、

降りる時にもう一度「本当にありがとうございました」と言いました。

彼女は、「それでは失礼しますね」と挨拶をしてくれました。



何ていい人なんだ〜!!(T0T)

すごく感動して、玄関の鍵を開ける時、

思わず目がウルウルしてしまいました。

人の優しさに触れると感激します。

特に知らない人からの優しさって身に染(し)みますね。

妊婦になってから、人の優しさに触れることが多くなりました。

とてもありがたいことです。

いろんな方から優しさをもらった以上に

自分も他の人に優しくできるようになりたいと思いました。
posted by rin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活